bridalloankariru

結婚式費用が足りない時の解決方法

結婚式は一生に一度の晴れ舞台なので、できれば思い出に残るような立派な結婚式を挙げたいと思うカップルも多いです。

しかし日ごろからしっかり貯金をしていればいいですが、貯金があまりないという人は結婚式費用を工面するのが難しくなります。結婚式費用が足りない場合は、親にだしてもらう方法もありますが、自分たちだけで結婚式費用を用意したいならば、ブライダルローンを利用するといいでしょう。

地方銀行や信販会社で取り扱っていて、結婚式費用の足りない分や結婚に関係する様々な費用を融資してくれるサービスです。金利が低いので返済は楽になりますが、融資額が少なかったり、融資まで時間がかかるのでよく確認して申込むようにしましょう。

ブライダルローンを探す場合は、口コミでも評判の良い所を探すことが大事です。その時に良い口コミだけを信用せず、悪い口コミも読んでみてしっかり比較してください。

ブライダルローンは金利が低い分、どうしても審査が厳しくなってしまいます。消費者金融などのキャッシングならば、継続的な収入があればアルバイトやパートでも申込むことができますが、ブライダルローンでは継続的な収入があっても、アルバイトやパートだと申込めないことも多いです。

結婚式費用が足りないならブライダルローンを利用すると良い

結婚式費用は高額なことが多く、何百万という費用がかかることもあります。新郎新婦の貯金をあわせても結婚式費用が足りない場合は、とても困ってしまいます。

後払いで結婚式費用を払える結婚式場なら、ご祝儀で払うこともできますが、ほとんどの結婚式場が前払いなので、足りない結婚式費用を工面することが大変になります。

金融機関のキャッシングに申込む方法もありますが、金利が高いので高額な資金になると返済がとても大変になってしまいます。そんな時に利用するといいのが、口コミでも金利が低くて評判のブライダルローンです。消費者金融のキャッシングに比べると、金利もかなり低いので毎月の返済が楽になります。

ブライダルローンに申込む時の条件は、満20歳以上で継続した収入があることです。

金融機関によっては年収400万円以上などの条件をつけている所もあります。継続した収入があっても、アルバイトや派遣社員では審査に通ることは難しいです。

勤務年数も厳しく調べられ、最低でも1年以上勤務していないと審査に通ることは厳しくなります。お金の使い道も審査の対象になり、結婚式費用や結婚指輪の費用、新婚旅行などが目的なら審査に通りやすいです。

ブライダルローンの申込みに必要な書類

花嫁が妊娠していたことがわかると、急いで結婚式をあげる人もいます。そうなると結婚式費用も急いで用意しなければいけないので、お金が足りなこともあります。

親や兄弟に費用を援助してもらう人もいますが、どうしても親や兄弟に頼らず費用を用意いたいというならば、口コミでも人気の高いブライダルローンを利用する方法があります。担保や保証人も必要ない所がほとんどなので、誰にも迷惑をかけることなく融資を受けることができます。

ただし新郎新婦が未成年の場合は、親御さんの名義で申込むことになるので、審査の対象は親御さんになります。申込みができる年齢制限もあるので、親御さんが申込む場合はよく確認してから申し込むようにしましょう。

申込みに必要な書類ですが、運転免許証などの身分証明証と、源泉徴収票などの年収証明書です。他にも結婚式場を利用する時の見積もり書や請求書、予約票などの使途確認書類が必要になります。

使途確認書類によっては、審査に通らないケースもあるので気をつけてください。新婚旅行や新居への引越しの費用に使える所もあるので、申し込む前によく確認してから申し込むようにしましょう。

どうしても審査に通らない場合は、金融機関からキャッシングする方法を選ぶといいでしょう。

足りない結婚式費用を賢く用意する方法

結婚式をおこなう場合は、あまり費用をかけないでおこなうつもりでも、いろんなオプションをつけていくうちに予算をオーバーして結婚式費用が足りないことがあります。

足りない費用を補うために親に借りる人もいますが、どうしても自分たちの力で足りない分を補いたいならば、金利が低くて口コミでも人気のブライダルローンを利用するといいでしょう。しかし、金利が低い分審査も厳しくなります。審査は返済能力を重要視するので、年収だけでなく勤務年数を厳しく調べます。

正社員で年収が多くても、転職ばかりしている人や勤務年数が少ない人は審査に通ることが難しいです。

最低でも1年以上同じ会社に勤務してしないと、審査には通りにくいです。返済遅延などを多く繰り返している人も、信用情報機関に履歴が残るので審査に落とされます。

自分はキャッシングの返済遅延は一度もないからと安心している人もいますが、携帯電話の返済遅延があるだけでも審査に通りにくくなります。債務整理などの履歴を隠して申告しても、信用情報機関で調べられて嘘がバレてしまいます。

嘘がバレるとこの人は信頼できない人と思われるので、金融機関からの借入も正確に申告することが大事です。