futan

新婚は精神面や金銭面の負担が大変

新婚のイメージはアツアツであり、さわやかな印象があります。結婚式を挙げて間もない時期で、新婚旅行の帰りでこれから頑張ろうと前向きに夫婦ともに思っています。しかし、新生活を始めるのはそのエネルギーや、金銭面、精神面での負担が大きく、大変です。

結婚式費用の足りない分をローンで補ったり、マンションやマイホームを購入するために頭金として足りない分を貯金するなど、節制を求められる時期が続きます。できれば結婚式費用を減らし、ご祝儀が多少残るような形にしておけば、将来に向けての貯金にもでき、負担も減ります。そのためには、結婚式でかかる経費を少しでも減らしていくことが大切です。

また、見積もりを早めに出すことで、結婚式当日までに最低限これだけの貯金をしておくといった決まり事を作り、それに向けて2人共に力を合わせて頑張るということも将来的な負担軽減策として有効です。

結婚式は晴れの舞台でもありますが、それが重荷になってしまっては何の意味もありません。いかに結婚式費用を抑制し、ご祝儀だけでは足りないという事態をなくすか、その他経費をどう圧縮するか、これらのことが大事になってきます。

結婚式に向けての共同作業は式場の予約をとってからすでに始まっています。

結婚式費用はこういったものにかかる

結婚式費用は平均300万と言われています。費用の半分程度を占めるのが会場費と料理です。

会場費はどこで式や披露宴を挙げるかによっても異なり、ホテルでの挙式が若干高く、結婚式場に特化したようなところでは安く設定されています。また、会場費は式場の場所代だけではありません。式場のスタッフや業者などの人件費を含めての値段が会場費です。

料理の値段はだいたい1万円から2万円と言われています。100人集まればそれだけで100万円から200万円もかかります。そこに、衣装代やメイク代撮影費用引き出物などが重なるとそれだけで数百万円になります。

また、結婚式の日程によっても結婚式費用や経費は大きく変わります。

ジューンブライドと言われる6月で結婚式をやれば、人気も高く、場所代を中心に高くつきます。一方、仏滅といった縁起が悪いとされる日、平日や夕方スタートの日程など、敬遠されがちな部分は場所代が安くなることがあります。

ただ、一番結婚式費用を左右するのが招待客の数です。最近では身内だけで挙式を挙げるケースもあります。その場合、結婚式を挙げる場所も手ごろで済みますし、食事も安く抑えられ、負担軽減にも効果があります。大事なことは心から祝福してもらえるかどうかです。

身の丈に合った負担で出来る結婚式がベスト

結婚式や披露宴は開くだけで相当な額がかかります。招待客をたくさん呼べば確かにご祝儀も集まり、経費の面で考えれば多くても少なくてもそんなに変わらないという実情もあります。

しかし、みんながみんな、フレンドリーなわけではありませんし、友達が少ない人もいます。逆に、身内だけで結婚式をやりたいというカップル、2人だけでの結婚式をやりたいという人たちもいます。最近では挙式だけあげて、終わった後に親戚一同で楽しくご飯を食べるというスタイルも人気です。

結婚式費用が足りない場合、あえて挙式のみの結婚式などにし、身内だけでやることも1つの手でしょう。

結婚式は10万円でできることもある

借金を極力したくない場合や親からの援助を求めない場合などで大変重宝されます。手ごろでアットホームな結婚式は、華やかな結婚式よりも温かみがあり、参列者の実感が強く湧く傾向があります。

自分たちの身の丈に合った形での結婚式は経費の点から見ても、結婚式費用をかなり抑えられ、参列者との距離も近いことから結婚式における1つのトレンドとなりつつあります。

これなら結婚式費用が足りないと心配になることもありませんし、新郎新婦負担も軽く済み、結婚式終わりでご祝儀だけでは足りないのではないかと思うこともないでしょう。

行きすぎた負担軽減をするぐらいなら

結婚式場は仏滅や平日など、日程によって場所代が大きく変わります。1つずつの経費を切り詰めていくと披露宴をやっても、費用が足りないといったことが起こりにくく、ご祝儀だけで賄え、かなりの額が手元に余ることもあるでしょう。

しかし、参列した人がこの結婚式は安っぽいと思ったり、ずいぶんケチだという印象を与えると、結婚式終わり以降、悪評が立ってしまいます。それが怖いばっかりに、身の丈に合わない豪華な結婚式をやり、ご祝儀では大幅に足りない事態に直面し、新婚生活に大きな影を落としかねないことも考えられます。

何事も適量が大事とは言いますが、行きすぎた負担軽減や見栄を張ることを考えるより、参列した方にいかに祝福していただけるか、来てよかったなと思えるかを考えた方がいいでしょう。

二度と来たくない結婚式の多くは

新郎新婦の自己主張が激しい演出が多い結婚式で、昔でいうなら新郎新婦の写真が入った皿などが引き出物に入っていると嫌な顔をされていました。

そういったものは最近ほとんど見かけず、カタログギフトが主流になったのもこういった背景があります。新郎新婦だけでなく、参列者の負担軽減も大事なのです。