hiyogataranai

結婚式費用の前払いより、当日払い、後払いが増えてきた

結婚式、そして結婚披露宴は新郎新婦にとって晴れの舞台であり、一生に一度の大舞台でもあります。

そのため、豪華な結婚式を開き、華やかに新婚生活をスタートしたい人もいれば、婚姻した喜びを知ってほしいという結婚式本来のスタンスに立ったものまで様々です。結婚式費用は平均300万円前後とかなりの出費を伴います。

300万円の貯金をこの日のためにしている人たちにとって問題ないですが、なかなかここまでの貯金がある人はいません。

昔の場合、結婚式費用は前払いが原則で、そのために貯金したり、親に出してもらったりしていたのですが、最近では当日払い、後払いが増えてきました。当日払いは披露宴終わりに、ご祝儀の額を計算してそこから代金を出したり、足りない場合は前もって用意しておくことが求められます。

招待客が何人来て、親族からのご祝儀がどれくらいかを厳しく見積もることが必要です。この人はたくさん包んでくれるだろうという安易な見込みは往々にして外れます。足りない分が出てくることを覚悟し、残れば儲けものという気持ちを持つことが大事です。

また、披露宴終わりに現金を触るのは興ざめするといった声も少なくありません。そこで後払いという方法が出てきます。

後払いでどんぶり勘定は許されない

後払いのいいところは、当日にお金の心配をそこまでしなくていいところです。当日払いでは披露宴直後にお金の計算をしなくてはならず、足りない時は自分で出す形になっています。

夢から現実へ引き戻されるスピードがあまりにも早く、いささか無粋でもあります。

後払いはこうしたものを極力少なくする

披露宴終わりにお金を数えることは変わりませんが、大量の現金を持ってきて足りない分は穴埋めするみたいなことはありません。また、当日払いでは二次会が迫っていて、親族総出でご祝儀を計算することもあってせわしないですが、後払いでは若干の余裕があります。

当然デメリットもあり、ご祝儀の見込みは本当に大事です。招待客の都合によってご祝儀の額は変わります。

当日の天候や急病などで急遽来られない人もいます。どうにかなるだろうという気持ちでいると、思わぬ借金を抱えるハメになります。

その点、当日払いはお金が足りない時の覚悟ができているため、借金するにしても計画的にできます。後払いでどんぶり勘定や安易な予測は大変なことになります。

少なくご祝儀を見積もりしたうえで足りない場合など様々な想定を立てることが大事と言えるでしょう。

結婚式費用を見積もり段階で削っていく

後で支払わなくてはならない結婚式費用ですが、厳しくご祝儀の額を見極めたうえで見積もりを出してもらい、色々な想定をしたうえで決めることが求められます。

結婚式場が最初に出す見積もりは、これでOKしてもらえればかなりの黒字になるという感じで出してきます。

そのため、削れるところはいくつでも出てきます。削れるところとして一番多いのは、ドレスにつけるティアラなどの小物です。

誰も見ていないし、意味がないという声が多く、ウェルカムボードも必要ないという声が圧倒的です。

次に多いのが映像モノです。式場が作る新郎新婦の紹介VTRや記録用ビデオなどを言います。紹介VTRはすぐに生い立ちがわかるのと、司会者が説明しても誰も聞いてないといったことを極力防げます。

しかし、その分高くつくため、友人に任せるなどして削れるところは削るようにしましょう。他にも、プチギフトなど様々ありますが、それらがなかったとしても、結婚式が寂しくなることはありません。

料理のグレードを落とすなどすると、お金だけ取られて料理が安っぽいと思われ、心から祝福をしてもらえないことがあります。削ってはいけない部分もなかにはありますから、なくても問題ない部分に限って削れるところを削るようにしましょう。

それでも結婚式費用が高くなり、ご祝儀だけでは足りない時

見積もり段階で最大限削れるところは削っても、結婚式費用が高く、ご祝儀だけでは賄えない時はあります。

そういう時はブライダルローン、あるいはカードローンなどで借りて、コツコツ返済していくしかありません。その前段階で両親から結婚式費用の足りない分を借りられればいいですが、うまくいかない時は非常手段で乗り切りましょう。

また、結婚式のみにして披露宴を開かず、結婚式費用を大幅に削減するのも1つの手です。その場合、ご祝儀は見込めませんが、披露宴と違い、見込みも立ちやすいのと、比較的安く挙式できるので、足りない時の心配がありません。

ただ、大切なことは、結婚式費用のことばかり考えて、肝心の挙式に臨む姿勢がおろそかになることです。

結婚式や披露宴はわざわざ自分たちのために時間を作って高いご祝儀を出して参加していただけるイベントです。参列していただいたことをまずは感謝することが求められ、お金が足りる足らないはその時考えることではありません。

後払いを選んだ時は、足りない時でもどうにかして払うという姿勢を事前に持ち、実際そうなってもいい覚悟を持ちましょう。いずれにせよ、結婚式は覚悟と決意、責任が伴います。それを事前にもっておけば慌てることはありません。