shakkinosurubeki

結婚式費用以外にもお金がかかる新婚生活

結婚すると、何かとお金がかかります。婚約指輪、結婚指輪を始め、新居の費用や引越し費用、家電製品などなどお金がかかり、それを乗り越えていく過程でケンカなどを重ねていき、お互いの足りない部分を補いながら、夫婦としての覚悟がついていきます。

中でも結婚式費用は比べ物にならないほどかかります。平均300万、400万そういった額が必要で、前払いで払うとなれば一時的でも貯金をその分用意しなくてはなりません。それらの費用を全て含めたら、サラリーマンの年収1年分くらいはかかります。もちろんご祝儀などの実入りはあるにしても、なかなか大変です。

また、結婚式費用が高くて、ご祝儀でも足りないといったことも起こりえます。その結果、生活が苦しくなり、どうしても借金しなければならない状況に追い込まれてしまうことも考えられるのです。

できればそういった状況を避けたいと誰もが思い、せめて結婚式費用は当日払いや後払いでもいいから借金せずに済ませたい。

そのためには何に気をつけて、足りない部分をどう補えばいいか、今からでもできることはなんなのか。

また、どうしても借金せざるを得ない状況になったら何に注意すべきか。1つずつ確認していき、不測の事態に対応できるように今から準備していきましょう。

この時期に結婚するかもしれないと目論見を立てる

できちゃった結婚など例外はありますが、結婚することになり、結婚式を挙げるまでにはかなりの時間があります。

付き合ってる人がいて、いずれこの人と結婚したいと思ったとします。そうした時、いくらぐらいの貯金があれば、なんとかなるのか、うまくやっていけるのか、計算すればなんとなくはわかるので、これだけの貯金が貯まればプロポーズしようと決めておくのがいいでしょう。

そうすることで、これだけ貯金したんだという自信や相手の家族への安心感、覚悟が生まれます。

また、未来に向けて、今までの浪費生活を改め、節制するのは結婚生活において決して無駄なことではありません。この時期には結婚しているかもしれないから今から貯金をしておこうと計算して考えれば、不測の事態にも対応できます。

給料の半年分をうまく貯められれば、婚約指輪結婚指輪結婚式費用までなんとか賄え、足りないみたいなことは起きにくいでしょう。

結婚してようやく自立したと言えますから、貯金は自立までの助走期間と思うようにしましょう。

無論、貯金ばかり気にして、相手が見つからなければ何の意味もありません。それでも、いつ出会いが訪れるかはわかりません。そうなってもいいように、今のうちから貯金をしておきましょう。

借金する時は覚悟を決めて全てを背負い込む

できちゃった結婚などの計算外のことが起こりうる可能性は決して低くありません。

結婚を全く意識してない中で、できちゃった結婚することになれば、貯金などを用意していない可能性があります。

結婚式費用など費用面を計算していき、どうしても足りないことが発覚し、どうにもならなくなったら借金をしてでもなんとかするしかありません。しかし、軽い気持ちでお金を借りてもいいことはありません。

万策尽きた時に、仕方なくお金を借りて工面するという気持ちが大事です。お金を借りた以上は、愛する妻のため、産まれてくる子供のために働くことになります。

当然、今までのような贅沢もできませんし、色々節制する生活を強いられます。その時になって、色々な試練を迎えます。先ほど貯金は自立までの助走期間と書きましたが、この場合は借金返済までが自立までの助走期間になります。

結婚式費用でできた借金を一生懸命返していくことが自覚を促し、家族を養うことへの覚悟を植え付けさせるのです。

だからといって、なんでもかんでも借金すればいいというわけではありませんが、期せずして借金した人の多くは返す時にそういった自覚が芽生え、人間としても大きくなってる人が多い傾向にあります。

結婚式費用が足りない時は頭を下げるのも大事

同じ借金でも、身内から借りてそれを返済していくことは十分に考えられます。

※ 例えば、結婚式費用が足りない場合や新居の費用などどうしても必要なものは後々返すことを条件に借りて、毎月返していくたびに近況報告をしていけば、状況などを見守ってくれます。

最初はそういう始まりであっても、年月が経つごとに関係性は深まり、返済した時には思い出話として花が咲くようになるでしょう。お金を貸した人は、お金を返す過程を見ており、そこに誠意などを感じ取ります。

※ 例えば、妻の両親など誠意を見てもらいたい人に認めてもらえれば、より一層幸せを共有することができるようになります。お金を借りることは罪悪感を伴いますが、同時にそれは自分という人間を認めてもらうチャンスでもあります。

結婚式費用が足りない時や、未来における計算が立たない時など、親族に頭を下げ続け、なんとかして活路を見出すことが大事です。本当に困った時は助けを求めることも大切ですし、子供が成長するにあたり、初めて親の気持ちがわかります。

困った時は助けてやりたいのが親心ですし、何か一言物申したくなるのもそうです。そういう積み重ねこそ、結婚生活においては欠かせないのです、