wariai

結婚式費用が足りない事態になるのは

結婚式は一生に一度のものですのでお金をかけて華やかにしたいものです。しかし予算には限りがありますのでその範囲内でしなければいけません。ただ、実際には予算オーバーになり足りない事態になることも少なくありません。

何故足りない事態が起こるのでしょうか。まず結婚式場に相談しますと見積もりを取ってもらえますがこれでは寂しい式になってしまうのです。普通以下の結婚式になってしまいます。

※ 例えば新郎新婦の座っているテーブルの花が小さかったり、装飾に使われる花が少なかったり、シャンパンが別途費用が必要であったりするからです。最初から結婚式場側もそのことは承知です。ですのでオプションを付けるとなるとどうしても予算オーバーになり足りない事態になってしまいます。結婚式を挙げるカップルの中で足りなくなる割合は割と高いのです。

そのまま我慢して予算範囲内で結婚式を挙げるのも方法ですが、ゲストの方に淋しい式だったと思われるのではと考えるとなかなか決心がつきません。

最近ではあまり結婚式費用をかけずに挙式するカップルが増えてきていますが、一応普通程度の式にしたいと思うものです。予算の範囲でありながら結婚式をする方法も一応あります。

足りないなら必要ない部分を削る

結婚式費用を予算の範囲内に抑えたいなら必要ない部分を抑えるのがいいでしょう。実は地道な努力によっていらない部分を削ることができます。

※ 例えば小物類などにはあまりお金をかけないほうがいいでしょう。ウェルカムボードを業者に頼んで作ってもらうのにもお金がかかりますが、案外ウェディングボードなどは印象に残っていないものです。

削るものと言えばウェディングベアなどがあります。これはぬいぐるみなのですがあってもなくてもいちいち覚えていません。他にもウェディングリングピローなども不要です。

指輪を交換するときに指輪を置くクッションのようなものですが印象に残るのは指輪でありこちらも多くのゲストは注目しません。

小物などは大した金額のかからないものですが結婚式費用を地味に圧迫しますのでできるだけ削るようにしてください。どうしてもそれらがほしい場合には自分で作るのもいでしょう。自作キットを使えばかなり安くつきます。

カップルのうち予算オーバーになる割合

は高いのですが地道な削減努力をすることによりかなり削れます。後で結婚式を思い返した時に小物にお金をかけておけばよかったと後悔する事はないでしょう。

逆に削ることのできない部分

結婚式費用を安くするために料理を安くしようとする方もいますが、これはおすすめしません。

料理はゲストに対するおもてなしですので安くしてしまいますと逆に悪い印象を抱かれてしまいます。料理が貧相で逆にウェディングドレスにお金がかかりすぎていますと自分さえ良ければいいと思われてしまうのです。

また料理は非常に印象に残るものですので他を削る努力をしても最低限の華やかさはクリアしなければいけません。あと引き出物などもゲストに対するおもてなしですので結婚式費用の中でも削ってはいけない部分です。

どうしても小物の費用を削っても結婚式費用が足りない場合には新郎と新婦側の負担割合について考え直すのもいいでしょう。どちらか側が一方的に負担を強いられてる可能性もあります。

結婚式は新郎と新婦と両方のものですので、どちらかに負担割合が傾いているなら平等にするように打診してください。結婚式費用がそれでも足りない場合には式場そのものを見直す必要があります。

式場そのものが高いならランクの少し低い所を選ぶようにしましょう、結婚式場の基本料金は式場により大きく違います。こうすれば料理の質を落とさずにゲストに満足してもらえる式ができます。

結婚式費用がどうしても足りない場合

結婚式費用を極力削ってもどうしても足りない場合もあり、その割合は少なくありません。もうこれ以上削れない場合にはお金を借りることも考えてください。

ブライダルローンという結婚式の費用に使える消費者金融サービスがあります、こちらは普通の用途が自由なローンに比べて安いのが特徴で誰でも利用できます。

式場の方でローンを用意してくれていることもあるので利用してみましょう。

ただしローンですので一応審査があります。大体の場合は安定した収入さえあれば借りられますので心配いりません。ただ借りる時にはくれぐれも借金をしてまで結婚式をする必要があるのかを考えてください。

ローンの返済をご祝儀によってしようと考える方もいますが思ったよりも少ない場合は賄えずマイナスになることもあります。これから結婚生活をしながら返済もしていくことを考えてください。

ローンが借りられなかった場合には結婚式を遅らせることも一つの方法です。入籍してからすぐに式をしなければいけないわけではありません。お金を貯めてからするのもいいでしょう。

またどうしても入籍してからすぐにしたい場合には当初より入籍の時期を遅らせるのも一つの方法です。